翻訳サービスの相場について考える

翻訳の料金の計算には、大きくわけて出来高制と原語カウント制の2つになります。出来高制とは、日本語に訳した1枚400文字の原稿用紙の枚数に単価を掛けて算出します。著述業界では、原稿用紙に単価を掛けた料金を作家やライターに原稿料として支払っていたことから、翻訳業界の大半はこの出来高制で料金を決めています。日本語から英語やほかの外国語に訳すときもA4用紙の枚数に単価を掛けた計算式で料金を決めています。しかし、この出来高制にもデメリットがあり、翻訳者の技量や個性によって、訳す文章量が違ってくるところと正確な料金が訳し終わるまでわからない点があります。そのため、最近は訳す原語の単語の数で料金を決める原語カウント制を導入するところも増えてきています。単価は、医学や化学、金融や経済、特許明細書などの専門的で高度な知識が必要になってくるジャンルやマイナーな言語になるほど高くなる傾向があります。単価の平均は、1語につき30円前後から70円の間ぐらいになります。翻訳者は企業に勤務する人もいますが、大半はフリーランスで仕事をしています。フリーランスの場合は、本人のスキルや仕事量で年収はかなり差ができ、1000万円稼ぐ人もいれば、アルバイト程度の数万程度しか稼げない人もいます。そのため、収入が少ない人は、別に本業をもっている場合も多いです。出版物の場合は、訳した人にも印税が入る仕組みになっていますので、ベストセラー本などを訳したときは、数千円以上の高額な収入が入ってくるときもあります。そのため、日本ではまだ輸入されていない海外の本の中からベストセラーになりそうなものを発掘して、それを営業のように出版社にかけあう人もいます。通訳の場合は、時給制で換算されることが多く、語学力のレベルや経験によっても違いますが、人材派遣などでは、1時間2000円から5000円ぐらいが相場になっています。平均年収は、だいたい700万前後で月収にすると50万前後になります。仕事のなかでは、国際会議やニュースでよくみかける同時通訳が一番語学力と集中力が求められ、難易度も高く、業界内では花形の仕事として憧れる人も多いです。同時通訳ができるほどのレベルであれば、1日の報酬金額も5万円から10万円ほどもらうことができます。資格はなくても語学力があればできる仕事ですが、有名な資格として「通訳技能検定試験」があり、この試験の2級以上を取得するとプロとして認められます。